「免疫を上げよう☆パセリ」恵比寿で口コミNo.1美容鍼灸ならmeilong

こんにちは、meilong恵比寿院 責任者 鍼灸あん摩マッサージ指圧師の石鍋です。

今回は保存方法について書いていきます!


正しい保存方法

パセリは冷蔵・冷凍・乾燥の、3通りの保存方法があります。


・冷蔵保存

1,パセリの茎を輪ゴムなどで束ねる

2,グラスにきれいな水を入れる

3,2に束ねたパセリを生ける

※茎部分のみ水に浸るようにする

4,パセリの葉の部分全体にポリ袋をかぶせて、輪ゴムでグラスとポリ袋を固定させる

5,冷蔵庫の野菜室に入れる

冷蔵保存の場合は、約2週間を目安に食べ切ってください。また、水が濁ってきたら、きれいな水に取り換えましょう。


・冷凍保存

1,パセリをザルに入れて水でよく洗う

2,ふきんまたはキッチンペーパーで、しっかり水気を拭き取る

3,葉と茎を切り離す

4,ジッパー付きのフリーザーパックに3を入れる

5,冷凍庫に入れる

パセリをフリーザーパックに入れるときには、空気が入らないように注意してください。冷凍したパセリの保存期間は、約1ヵ月です。調理する際は、凍ったまま使ってもOKです。


・乾燥させて保存

1,パセリをザルに入れて水でよく洗う

2,ふきんまたはキッチンペーパーで、しっかり水気を拭き取る

3,葉と茎を切り離す

4,耐熱皿にキッチンペーパーを敷き、パセリの葉を重ならないようにして並べる

5,600ワットの電子レンジで3~4分加熱する

6,パリパリになったパセリをポリ袋に入れて揉む

7,細かくなったパセリを、乾燥剤と一緒に瓶などに入れる

自分で乾燥させたパセリは、市販のドライパセリよりも緑が鮮やかです。香りもいいのでおすすめ。乾燥させたパセリは、1ヵ月を目安に使い切りましょう。

パセリの栄養その③:ビタミンC

パセリにはビタミンCも多く含まれます。ビタミンCは免疫力を高める、風邪予防、抗酸化作用、血管を守る、紫外線から皮膚を守る、老化防止など、たくさんの効果が期待できます。

ビタミンCには、体内でコラーゲンの生成をサポートする働きもあります。パセリを食べることで、美容効果も期待できます。


鍼灸も腸内循環を整えて免疫細胞を増やすことが期待できます!

鍼灸を行うことにより血流が促進し、全身に血液がめぐるため、全身の血流を改善する効果があります。

さらに、お腹の筋肉の緊張を緩めることで、さらに腸への血流量をサポートすることができますので、その結果、腸内の免疫細胞であるリンパ球に良い影響が及び、免疫アップにつながります。

鍼灸でお身体メンテナンスし、プラスでパセリを食べて免疫をあげてみてはいかがでしょうか?


鍼灸のご相談はぜひ、meilong恵比寿院・meilong恵比寿mana院へお気軽にご連絡ください。

meilongではひとりひとりにあったメニューをご提案させていただきます(^^)


WEB予約


恵比寿院

tel:0364128890


銀座院

tel:08074605858


恵比寿mana院

tel:0353154313


恵比寿院 Instagram

恵比寿の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京恵比寿の美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 当院の美容鍼灸はその場で効果を実感して頂ける事が多いため、大手女性WebメディアのOZmallで3年連続予約数ランキング1位を取っており たくさんのお客様から支持されております。美容だけではなく、健康のお悩み(肩こり・慢性腰痛・眼精疲労・頭痛・婦人科疾患 等)にも特化しておりますので内から滲み出る美しさをご堪能ください。

0コメント

  • 1000 / 1000