恵比寿で1位MEILONG鍼灸治療「知っておきたい経血量 」

こんにちは!木川です nico

今日は経血量についてのお話です。

「月経不順」は周期の乱れと考えがちですが、「経血量」が多すぎる、少なすぎるといった状態も、月経不順の一つです。

正常とされる経血量は、1回の月経で50〜100cc程度(日数は5〜7日)。一般的には2〜3日目に量が多く、4日目以降は少なくなります。

また、年齢的に見ると、初潮を迎えた頃の経血は少なく、身体の成熟とともに量も十分に。その後、40歳を過ぎる頃から減っていく傾向にあります。

個人差はありますが、こうした正常範囲の目安、年齢的な変化などを大きく超えて量が多い・少ないといった場合は、月経に異常があると考えてしっかり対処しましょう。

東洋医学では、経血量の異常は、主に体内の「気」(エネルギー)「血(けつ)」が不足したり、巡りが悪くなったりすることで起こると考えます。また、月経と関係の深い「腎」(腎臓)や「肝(かん)」(肝臓)の機能低下が原因となることも。

女性にとって、月経は身体の状態を知るための大切なサインです。不調がある人はまず自分の体調をしっかり見直して、体質を整えるよう心がけましょう!


1. 量が多い[月経過多] 「気の不足」タイプ

気になる症状

・月経過多:経血量が顕著に多い、月経が7日以上続くこともある

・月経の状態:経血の色が淡く、さらっと薄い

・その他の症状:疲労感、倦怠感、めまい、食欲不振、お腹の張り、軟便、舌の色が淡い

経血量が多い人は、月経周期が早くなる(21日以下)ことも多いので要注意。改善せずに放っておくと、月経期間外に「不正出血」を起こしてしまうこともあります。

以前と比べて量が極端に増えたときは、子宮筋腫などの可能性もあるので早めに婦人科を受診しましょう。体内の「気」には、「血(けつ)」を体内に留め、異常な出血を防ぐ働きがあります。そのため、気が不足すると経血を止める力も弱くなり、量が増えてしまうのです。

このタイプは、まず「脾胃(ひい)」(胃腸)つまり消化吸収の機能を元気に保つこと。栄養をしっかり摂って気を養いましょう!

摂り入れたい食材

気を養う食材: よもぎ、豆腐、卵、いんげん豆、山芋、じゃがいも、かぼちゃ など

2. 量が多い[月経過多] 「熱こもり」タイプ

気になる症状

・月経過多:経血量が顕著に多い、月経が7日以上続くこともある

・月経の状態:経血の色が濃く、粘りがある

・その他の症状:顔色が赤い、口の渇き、イライラ、便秘気味、尿が黄色い、舌の色が紅い

経血量が多い人は、月経周期が早くなる(21日以下)ことも多いので要注意。改善せずに放っておくと、月経期間外に「不正出血」を起こしてしまうこともあります。

以前と比べて量が極端に増えたときは、子宮筋腫などの可能性もあるので早めに婦人科を受診しましょう。

体内に余分な熱がこもると、「血」に熱がこもり血流が早くなります。すると、経血も流出しやすくなり、量が増えてしまうのです。イライラや怒り、脂っこい食事の摂り過ぎなどは、熱の原因となるので要注意です。

摂り入れたい食材

身体の熱を冷ます食材: 苦瓜、冬瓜、たけのこ、れんこん、竹の葉、クチナシ茶 など

3. 量が多い[月経過多] 血行不良タイプ

気になる症状

・月経過多:経血量が顕著に多い、月経が7日以上続くこともある

・月経の状態:経血に塊が多く月経痛がある、塊を排出すると月経痛が軽くなる

・その他の症状:頭痛、肩こり、しびれ、顔色の黒ずみ、舌の色が暗く斑点がある

経血量が多い人は、月経周期が早くなる(21日以下)ことも多いので要注意。改善せずに放っておくと、月経期間外に「不正出血」を起こしてしまうこともあります。以前と比べて量が極端に増えたときは、子宮筋腫などの可能性もあるので早めに婦人科を受診しましょう。

東洋医学で「瘀血(おけつ)」といわれる血行不良は「月経過少」の原因にもなりますが、血流が悪化して子宮内膜などに古い「血」が停滞すると、滞った血が月経時に排出されて経血量が増えてしまうことも。

子宮筋腫などによる「月経過多」もこのタイプにあたるので、不安がある人は早めの受診を。

摂り入れたい食材

血流を良くする食材: フェンネル、よもぎ、シナモン、サフラン、にら、ねぎ など

4. 量が少ない[月経過少]「血不足」タイプ

気になる症状

・月経過少:経血量が顕著に少ない、月経が2~3日で終わる

・月経の状態:経血の色が淡く、さらっと薄い

・その他の症状:めまい、不眠、動悸、眼精疲労、脱毛、顔色が白い、舌の色が淡い

経血量が少ない人は、月経周期も長くなる(35日以上)場合が少なくありません。こうした状態を放っておくと、「無月経」や「閉経」につながることも。また、少ない経血がダラダラと続く場合は「無排卵月経」の可能性もあるので、早めに対処しましょう。

月経の基本となる「血」が不足していると、経血量も少なくなってしまいます。貧血、慢性的な病気、過度なダイエットなどは血不足につながるので要注意です。食事や睡眠を十分に取って、血をしっかり養いましょう。

摂り入れたい食材

血を養う食材: 黒ごま、レバー、かつお、ほうれん草、なつめ、クコの実、黒糖 など

5. 量が少ない[月経過少」「血(けつ)の冷え」タイプ

気になる症状

・月経過少:経血量が顕著に少ない、月経が2~3日で終わる

・月経の状態:経血の色が黒っぽく塊が多い、生理痛がある。

・その他の症状:頭痛、肩こり、冷え、手足のしびれ、顔色の黒ずみ、舌の色が暗い

経血量が少ない人は、月経周期も長くなる(35日以上)場合が少なくありません。こうした状態を放っておくと、「無月経」や「閉経」につながることも。また、少ない経血がダラダラと続く場合は「無排卵月経」の可能性もあるので、早めに対処しましょう。

寒さや冷房などで「血」が冷えると、血行不良を起こして経血がスムーズに排泄されず、経血量が減る、月経周期が長くなるといった不調につながります。温かい食事や毎日の入浴などを心がけ、日頃から身体を温める習慣を。

摂り入れたい食材

温めて血行をよくする食材: 紅花、よもぎ、シナモン、黒糖、しょうが、玉ねぎ など


WEB予約はこちら

03-6412-8890

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京恵比寿・銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。アロマトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000