恵比寿・銀座マタニティ鍼灸meilong「お酒とお肌について」

本日は、お酒と肌の関係性について書きたいと思います!

飲酒で栄養不足に!?

アルコールを摂取すると、それを分解するために体の中の様々な栄養素が消耗されてしまいます。それにより栄養不足となりそれが肌荒れの原因となってしまいます。

水分不足による肌の乾燥。シワの原因にも・・。

お酒を大量に飲んだ翌朝、喉が渇いているという経験はありませんか?体が水分を欲しているということは、体の中の水分が大量に排出されてしまっているということです。

アルコールには利尿作用もあるため体は脱水状態に陥りやすくなってしまいます。そのため肌の潤いが奪われ乾燥肌をまねいてしまいます。

糖分不足がニキビ肌をつくる

アルコールを分解している間、血糖値が下がります。血糖値が下がると飲酒後は甘いものが欲しくなりいつもより糖分を多く摂り過ぎてしまうことがあります。

糖分は不足した分を補うだけなら二日酔い予防にも効果的ですが通常より多く摂り過ぎてしまうと皮脂の過剰分泌の原因となります。それが毛穴のつまりとなりニキビ肌をつくってしまいます。

飲んだ後に炭水化物や糖分を多く含むラーメンやデザートなどを食べたくなる人が多いかと思いますが、できるだけ控えるようにしましょう。

また、お酒の中には糖分を多く含むものが多いです。

・ビール・日本酒・カクテル

などは特に糖分が多く含まれているので、飲みすぎには注意です⁉

睡眠の質が低下

肌のターンオーバーは睡眠の質とも深い関わりがあります。

お酒を大量に飲んだ日は、睡眠の質が下がります。

さらに、飲酒による眠気は美肌にとっても必要な成長ホルモンが分泌されず肌の新陳代謝が低下してしまいます。肌の代謝がスムーズに行われないため肌は新しい細胞に生まれ変わることが出来ず肌荒れに繋がります。

お酒の飲み方を改善しましょう

〇お酒の種類を選ぶ!

糖質ゼロ!分解が早い!

・ウイスキー・ウォッカ・ジン・ライム

んどがおすすめです。

〇お酒と一緒にお水を飲む

水分を多く摂ることにより、アルコール分解が早くなります。

〇脂質分や塩分の少ないおつまみを選ぶ

・ナッツ・温野菜・お豆腐など

〇就寝2、3時間前には飲み終える

・お酒を就寝する直前まで飲んでしまうと、睡眠の質が低下して肌荒れに影響してきます。

付き合いでしょうがなくお酒を飲まなければいけない。お酒が好きで飲む女性。

飲み方を変えて綺麗な肌作りをしてみてください!!

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京恵比寿・銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。アロマトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000