恵比寿・銀座で妊活鍼灸NO1Meilong 二日酔いの治し方


meilong鍼灸師,医薬品登録販売者の内田です。
ちょっと飲みすぎたな〜。
翌日起きたら顔やまぶたが浮腫んでいる。
頭痛い。
頭がモヤモヤ,ガンガン
そんな経験はありませんか?
アルコールを分解しきれないと、アセトアルデヒドが血液中に増え肝臓にダメージを与え二日酔いになります。

今日は二日酔いに効く漢方をご紹介します。

東洋医学では二日酔いを3つのタイプに分けられます。

◆普段からのぼせやすい*イライラする
◽︎血圧高め
◽︎顔色が赤い
◻︎胃炎や胃酸があがる
◽︎体力がある
漢方/黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
黄蓮が入っているのでかなり苦いですがこれ効きます。
私は昔このタイプでした😄
◆口渇,尿量が少ないタイプ
□体力中程度
□胃のむかつき
□むくみがあやり
□吐き気がする
漢方/五苓散(ごれいさん)
水の巡りを良くして、吐き気に効果的。

◆みぞおちのつかえ,下痢気味タイプ
□体力中程度
□気持ち悪い、吐き気
□腹鳴がする
□食欲ない
漢方/半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)
みぞおちのつかえを取り、炎症を鎮めます。
【漢方の飲み方】
基本的に漢方は胃が空っぽの状態で飲みます。
生薬の吸収率が高まり、効果が出やすいからです。
食前30分前に白湯または常温水で服用しましょう。
漢方の剤型には4種類あり
煎じ薬>粉薬>シロップ>錠剤の順に
効能が高くなります。
〜二日酔いに効く食べ物〜
生姜、大根、梅干しは胃腸を整えます。
柿はアルコール分解の成分が含まれ、利尿作用があります。
※干し柿は効果が失われるとのこと。
ぜひお試しください(^^)


銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000