恵比寿・銀座で妊活鍼灸NO.1MEILONG「乾燥さまざまなドライを防ごう!」

恵比寿・銀座で妊活鍼灸NO.1MEILONG「乾燥さまざまなドライを防ごう!」

こんにちは!木川です ^.^

今日はこの時期に起こりやすい、 " 冬の乾燥を東洋医学で潤い体質に!" ついてお話ししたいと思います。

空気が乾燥していると、肌はもちろん、目や口、腸など、 体のさまざまな乾燥症状が起こりやすくなります。

ケアで体の中から潤う体質づくりを心がけて、 乾燥シーズンを乗り切りましょう!

では、東洋医学的な観点からみていきますとlight bulb

「腎(じん)」の衰えが潤い不足の要因に...

カサカサの乾燥肌(ドライスキン)、目の乾燥(ドライアイ)、 口の乾燥(ドライマウス)、鼻の乾燥(ドライノーズ)…。 こうしたさまざまな症状を、 最近では乾燥によって起こる一連の症候群「ドライシンドローム」 として捉えるようになっています。その要因は、エアコンの使用、 パソコンやテレビ、高カロリーな食事、口呼吸、睡眠不足など、 多岐にわたる生活環境の問題と考えられていて、 冬の乾燥する季節は特に症状が起こりやすくなります。

東洋医学では、乾燥の症状は体の潤い成分である「津液( しんえき)」や「血(けつ)」 が不足することで起こると考えます。また、 体の潤いの源となる要素「腎陰(じんいん)」 の不足も乾燥を招く要因に。「腎」は加齢とともに衰え、 腎陰も不足しがちになるため、 年齢を重ねると体の潤いは減少していきます。 高齢の人は特に意識して、腎をケアするよう心がけましょう。

体の乾燥が続くと、喉や鼻の粘膜が乾いて免疫力が落ち、 かぜを引きやすくなったり、 感染症にかかりやすくなったりする心配も。また、 アトピー性皮膚炎の悪化や咳、 便秘といったさまざまな不調にもつながるので、 しっかりケアをして乾燥知らずの“潤い体質”を目指しましょうね 。

カラダの中から乾燥対策!

体の乾燥対策の基本は、五臓の「腎」の働きを整えて、 潤いの源となる「腎陰」を充実させること。また、 乾燥の症状に合わせて、「肺」、「脾胃(ひい)」(胃腸)、「 肝(かん)」(肝臓)などをケアすることも大切です。

1.「腎」の養生

気になる症状

乾燥症状、ほてり、めまい、耳鳴り、髪が抜けやすい、白髪、 記憶力の低下、腰痛、冷え、頻尿、舌の色が淡い、舌苔が少ない

改善ポイント

五臓の「腎」にある「腎陰(じんいん)」( 水や血などの体を潤す要素)は、“全身の潤いの源”と考えられて います。そのため、腎の働きが健やかで腎陰がしっかりあれば、 体の根本的な潤いを保つことができるのです。

腎は生殖、成長、発育などの働きを持つ臓器ですが、 加齢とともにその機能が徐々に衰えがちに。同時に、 腎陰も加齢に伴い減少し、 年を取ると体全体の潤いが不足してしまうのです。 “潤い体質”を保つためには、まず腎の働きを整えることが基本。 高齢の人、 慢性疾患のある人などは特に腎の機能が衰えがちなので、 しっかり養生するよう心がけましょう。

摂り入れたい食材

腎を養い、潤いをアップする:

【豆類・種実類】くるみ、銀杏、松の実、クコの実、蓮の実、 黒豆、黒ごま

【野菜類】山芋、よもぎにら、黒きくらげ

【魚介類】えび、牡蠣、なまこ、海藻類

【肉類】牛肉、羊肉

【香辛料】シナモン

2. 口の乾燥(ドライマウス)

気になる症状

口や喉の乾燥、味覚障害、口内炎になりやすい、舌が乾く

※糖尿病、シェーグレン症候群、過食、 ストレスなどの症状にも注意

改善ポイント

唾液の分泌が減り、口の中が乾燥する症状。 ストレスや暴飲暴食などで「脾胃(ひい)」(胃腸) に負担がかかると、 脾胃の潤いが不足して唾液も少なくなってしまいます。 口や喉の乾燥を感じる人は、脾胃の働きを健やかに整え、 潤いを養うよう心がけましょう。

摂り入れたい食材

胃腸の潤いを養う:大根、百合根、りんご、豆腐、れんこん など

3. 鼻の乾燥(ドライノーズ)

気になる症状

鼻の乾燥感、鼻の中のかさぶた、鼻血、空咳、かぜを引きやすい、 味覚の減退、舌の乾燥

※慢性的な鼻炎、気管支炎、喘息などの症状にも注意

改善ポイント

鼻の状態は「肺」と関わりが深く、肺の潤いが不足すると、 鼻の粘膜も乾燥しやすくなります。鼻や喉の粘膜が乾いていると、 免疫力が落ちてかぜを引きやすくなる心配も。 鼻の乾燥感やムズムズ感が気になる人は、 肺の潤いをしっかり養うよう心がけましょう。

摂り入れたい食材

肺の潤いを養う: 梨、百合根、オレンジ、はちみつ、枇杷の葉、葛、白きくらげ、 杏仁 など

4. 目の乾燥(ドライアイ)

気になる症状

目の乾燥・ゴロゴロ感、目薬の使用回数が多い、視力減退、 目のかすみ・痛み、舌の色が淡く乾いている

※目の疾患、シェーグレン症候群などの症状にも注意

改善ポイント

目は「血(けつ)」 が運ぶ栄養や潤いによって健やかに保たれています。そのため、 血を十分に養い、血を蓄える「肝(かん)」(肝臓) の働きを整えることがドライアイ対策の基本に。また、 目の酷使は血の消耗につながるため、 長時間のスマホ使用などにも注意しましょう。

摂り入れたい食材

血を養い目の働きを整える:菊花、クコの実、ほうれん草、桑の実、ブルーベリー、ぶどう、 桑の葉、にんじん など

5. 肌の乾燥 (ドライスキン)

気になる症状

皮膚の乾燥(カサカサ感)、皮膚のかゆみ、化粧ノリが悪い、 舌の乾燥

※日焼け、エアコン、慢性疾患、乾皮症、 アトピー性皮膚炎などが原因になることも

改善ポイント

肌の状態は「肺」と深く関係しています。ところが、 肺は乾燥に弱いため、 空気が乾燥する時期は肺の働きが低下しやすく、 乾燥肌やかゆみなどを起こしやすくなるのです。 潤い肌を保つためにも、体内の潤いをしっかり養い、 肺の働きを健やかに保つよう心がけましょう。

摂り入れたい食材

肺の潤いを養い、皮膚の潤いを守る:鶏の手羽先、玄米、豚足、はちみつ、オリーブオイル、鶏スープなど

6. 腸の乾燥(便秘)

気になる症状

便秘気味、排便時間が長い、便がコロコロしている、舌の乾燥

※慢性疾患による潤いの消耗、痔、加齢などが原因になることも

改善ポイント

体内の潤いが不足して「腸」が乾燥すると、便も乾いて固くなり、 便秘を起こしやすくなります。また、 腸と肺は深く関係しているため、肺が乾燥のダメージを受けると、 腸の潤いも不足しがちに。秋は特に乾燥の影響を受けやすいので、 腸と肺の潤いを十分保つよう心がけましょう。

摂り入れたい食材

腸と肺の潤いを養い、通便を良く:いちじく、キウイフルーツ、バナナ、パパイヤ、りんご、 マンゴー、プルーン、白菜 など


WEB予約

恵比寿院 電話問合せ

銀座院 電話問合せ


銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000