恵比寿の鍼灸院Meilongのブログ「気滞(きたい)(1)」

こんにちは、東洋医学ブログ担当の森田です。

本日は、気の異常の第二弾

気滞(きたい)について

お話しさせていただきます。

読んで字の如く

気滞とは気が滞っている状態のことです。

ここで、また気の5つの作用を

おさらいしましょう。

1.推動作用(すいどうさよう)

血の循環、体液のめぐりなどの作用。

2.温煦作用(おんくさよう)

正常な体温を維持する作用。

3.防御作用(ぼうぎょさよう)

外邪(病気の原因になるもの)

から身を守る作用。

4.固摂作用(こせつさよう)

血や体液を

漏れないようにする作用。

5.気化作用(きかさよう)

物質をエネルギーに変えたり

エネルギー代謝によって

物質を生成したりする作用。

これらの作用の流れが悪くなり

滞ってくると、どのような症状が

現れるのでしょうか?

次回に続きます。

meilong(メイロン)【公式】鍼灸サロン|東京恵比寿・銀座

東京恵比寿・銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。アロマトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000