恵比寿の鍼灸院Meilongのブログ「気滞(きたい)(2)」

こんにちは、東洋医学ブログ担当の森田です。

早速前回の続きから始めさせていただきます。

気滞とは気の流れが滞ってしまうことでしたね。

その気が滞るとどのような状態になってしまうのでしょうか?

気の5つの作用は前回の記事を参照してくださいね。


まずは気の流れが悪くなることで推動作用が弱まります。

結果、気血がうまく回らなくなることで、皮膚や筋肉に緊張、硬結、膨隆、圧痛などの症状が現れてきます。

ストレスでなる肩こりなんて、まさに気滞による症状と言えそうですね。

頭にも気血がまわらない状態なので、頭冒感(ずぼうかん)といって、何かを被っているような、重いような状態になります。

自律神経の調和も取れなくなり、交感神経が優位になりがちです。

結果、温煦作用が働きにくくなります。

交感神経が優位になると末梢血管が硬く細くなり、手足が冷たくなります。

また、消化器系の働きが悪くなるので、ガスがたまりやすくなったり、便秘になったりします。

さらに、冷えによって免疫力が落ちるので、防御作用も低下し、病気にかかりやすくなってしまいます。

このような感じで説明していけるのですが、気滞で一番意識していただきたいことは、気の流れが滞る=詰まるということです。

所見としては梅核気(ばいかくき)といって、何もないのに、のどに何かがへばりついているような異物感があったり、

胸脇苦満(きょうきょうくまん)といい、脇腹の辺りが詰まったような感じがします。

脈は、交感神経が優位、つまり緊張している状態なので、弦脈(げんみゃく)といって、糸をピーンと張ったような脈になります。

緊張していると体が硬くなるって言ったりしますよね?

脈も同じように硬くなって、張ってきます。

後は、一般の人が使う気が塞がっている状態なので、当にうつっぽい症状もでたりします。

次回は気逆についてお話ししていきますね。

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000