恵比寿の鍼灸院Meilongのブログ「気逆(きぎゃく)(1)」

こんにちは、東洋医学ブログ担当の森田です。

これまでに気虚(ききょ)と気滞(きたい)についてお話しさせていただきました。

どちらもある程度は、理解していただけたでしょうか?

本日は気の異常の第三弾、気逆(きぎゃく)についてお話しさせていただきます。

まず気逆とはどのような状態のことをいうのでしょうか?

東洋医学では、理想的な状態を頭寒足熱(ずかんそくねつ)と言います。

頭は冷えていて、下半身は温かいという状態です。

それが、反対になっている状態を上熱下寒(じょうねつげかん)と言います。

上半身は熱を持っているのに、下半身は冷えているという状態です。

冷え性の方なんて、まさにこのタイプが多いですね。

そして、この状態こそが気逆であると言えます。

次回はもう少し詳しく気逆を説明していきます。

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000