恵比寿の鍼灸院Meilongのブログ「気逆(きぎゃく)(2)」

こんにちは、東洋医学ブログ担当の森田です。

本日は気逆について、詳しくお話ししていきます。

気逆の特徴は、気が逆流してしまうことでしたね。

所見を以下に羅列します。

・冷えのぼせ

・動悸

・頭痛

・咳嗽

・顔面紅潮

・手足の発汗

他にも色々とあるのですが、まずはこれだけ覚えておけば、気逆を説明することができます。

一番覚えておきたいのは、冷えのぼせです。

冷えのぼせとは、足は冷えているのに熱が上にのぼっていることです。

そう、前回お話しした上熱下寒(じょうねつげかん)の状態ですね。

そして、理想的な状態は頭寒足熱(ずかんそくねつ)でしたね^ ^

温度でいうと熱は、昇りやすく、冷は降りやすいです。

ヒーターとクーラーを考えてみると分かりやすいですね。

冬場に暖房を使いすぎて、顔が熱くなったり、頭が痛くなったりした経験はありませんか?

また、夏場に冷房をガンガンつけて、足がものすごく冷えた経験などありませんか?

熱が昇れば頭痛はしますし、顔も赤くなってきます。

また足が冷えれば心臓は血液を送ろうと必死に働きます。

結果、負担をかけて動悸が起きたりします。

ちょっと五臓のお話しになってしまいますが、東洋医学で考える肺には粛降(しゅくこう)という作用があります。

要は気を下に降ろしてくれる作用です。

それが逆流してしまっている訳です。

結果、咳として症状が現れたりします。

こんな状態が続くと交感神経優位になってしまいますね。

すると手足に汗をかいたりします。

交感神経優位とは緊張状態にあると思ってください。

次回は血の異常のお話しに移っていきましょう。

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000