恵比寿の鍼灸院Meilongのブログ「血虚(2)」

こんにちは、東洋医学ブログ担当の森田です。

前回は血虚になる症状と原因を挙げさせていただきましたが

今回は、どうしてこういった症状が現れてくるのかを考えていきましょう。

・集中力の低下

・睡眠障害

・こむら返り

・顔色が青白い

・髪の毛が抜けやすい

・皮膚の乾燥や荒れ

・爪の異常

・知覚異常

血虚とは血の量が不足している状態でしたね。

血=栄養と考えてください。

十分な栄養が頭部に行き届かなければ、集中力を保つことが難しくなります。

また、東洋医学で髪の毛や爪は血の余りと考えられています。

よって、髪の毛が抜けやすくなり、爪は青白くなったり、ボロボロになったりします。

顔面部に行き届かなければ、顔色は青白くなります。

皮膚がしっかりと滋養されなければ、乾燥し肌荒れを起こします。

知覚異常とは、大まかに痺れのことと考えてください。

痺れとは現代医学的にも虚血(血液供給が不足する状態)から起こると考えられています。

正座を長時間していると足が痺れたりしたことはありませんか?

体重で圧迫し、短時間ですが足に血液が巡っていない状態になりますね。

よって痺れが起きると考えます。

次回は血虚の脈証、舌証、腹証など、客観的所見を中心にみていきましょう。

meilong(メイロン)【公式】鍼灸サロン|東京恵比寿・銀座

東京恵比寿・銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。アロマトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000