恵比寿で1位Meilong美容鍼灸『頭皮のこり』

こんにちは、下地です。

今日は、頭皮の凝りについて書いていきたいと思います。

・頭皮の凝りからくる身体の不調

〇自律神経の乱れ(頭痛、不眠、イライラ)

自律神経には、緊張しているときに活発になる交感神経と、リラックスしているときに活発になる副交感神経があります。この2つのバランスが崩れるのが、自律神経の乱れ。頭痛や不眠、めまい、イライラなどの症状があらわれます。

〇ホルモンバランスの崩れ

自律神経が乱れると、ホルモンバランスもくずれていきます。ホルモンバランスの崩れは、疲れやすさ、手足の冷え、のぼせなど、更年期障害のような症状を引き起こします。

〇抜け毛・髪の毛の質の低下

頭皮のこりは、頭皮の血流が悪い状態です。なので根元に栄養がいきにくくなり、髪の毛の質が悪くなったり、抜け毛を起こします。

〇眼精疲労

頭皮がこり、血液の流れが悪い状態では、顔や首筋の血液の流れも悪くなってしまいます。また頭部の筋肉は視神経とも深いつながりがあるため、頭部のこりは眼精疲労を起きやすくします。

・健康な頭皮はよく動く

首肩のこりがあるように、頭皮にも「こり」が現れます。しかし自分の頭皮を他の人の頭皮と比べることは少ないため、自分の頭皮のこりに気づく人はほとんどいません。

人間の頭は、前と横、後ろの部分には筋肉がありますが、頭頂部のあたりは筋肉がなく、薄い膜で覆われています。これは例えるなら、骨の上に皮膚がある、ひざのお皿と同じような状態です。お皿の上の皮膚が動くように、健康的な頭皮はよく動きます。しかし、首や肩、顎などに疲れがたまると、その周囲の筋肉がこって、頭皮はどんどん動かなくなり「こり」になってしまいます。

・頭皮をやわらかくすると…?

人間の頭と顔には約70ものツボがあります。このほとんどが自律神経系を整えるツボなので、頭皮をほぐすことは、精神的な疲れ=脳の疲れを癒すことにつながります。特に「体は疲れているのに、眠れない」という方は、頭皮マッサージや頭の鍼をおすすめします。

さらに、頭皮のこりと首のつまりを解消することで、脳の血流もアップするため、脳に新鮮な酸素や栄養が補給されて脳が活性化し、五感が冴えます。

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000