恵比寿で1位MEILONG美容鍼灸「夏の東洋医学」

こんにちは、下地です!

最近、寒暖差が激しいですが体調は崩されてないですか?

夏もあと少し!暑さを乗り切りましょうun

今日は、夏の東洋医学について書いていきたいと思います。

自然に合った夏の過ごし方とは・・・

・朝は早く起きる

・夏は外へ出て日差しを浴びる

・怒らない

・気(エネルギー)を発散させる

夏は身体を養い、エネルギーを蓄える季節

この時期に身体を消耗すると、冬に蓄えがなくなり病気や体調を崩しやすくなる事もあります。

夏は、生命活動の原動力となる「陽気」を養う季節

ですが、暑さで食欲不振や睡眠不足が続くと、体内の陽気も不足しがちになります。

湿・熱を取り除く(脾、胃が弱い方)

☆こんな症状がある方

食欲不振、消化不良、胃もたれ、膨満感、軟便、下痢、頭が重い、身体が重い

☆改善方法

夏は湿気や水分の摂り過ぎなどで、体内に「湿」(余分な水分や汚れ)が溜まりやすくなります。湿が溜まると「脾、胃」の働きが低下して、食欲不振や消化不良、軟便などを引き起こす原因になります。

結果的に栄養を十分に摂ることができず、夏バテしやすくなってしまうのです。

また、脾胃は冷えに弱いので、冷たい飲食物の摂り過ぎにも注意が必要です。暑くても“常温の飲み物”“温かい食事”を摂るようにして、脾胃にやさしい食生活を心がけてみましょう。

夏バテ気味で食欲が落ちているときは、無理に肉類などを食べ過ぎないこと。消化の良い食事を心がけ、まずは「脾胃を元気にする」ことが大切です。また、消化不良の際はよく噛んで(20~30回程度)食事をするようにしてみてください。

☆おすすめ食材

湿を取り除く:はと麦、もやし、春雨、

脾胃を養う :山芋、いんげん豆、かぼちゃ、大豆製品、うなぎ、はも、鮭

食欲を促す :しそ、みょうが、しょうが

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京恵比寿・銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。アロマトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000