恵比寿で1位MEILONG美容鍼灸「紫外線」

こんにちは、下地です!!!

この時期は、紫外線が強く日焼けを気にしている女性が沢山いるかと思います。

今日は、日焼けをした時のケアや予防に関して書いていきたいと思います。

〇日焼け止めで予防

紫外線は3種類!①UVA②UVB③UVC

①UVA

UVAは、私たちが受ける紫外線の9割です。活性酸素を生成して肌の奥深くまで届く紫外線。真皮層に到達してコラーゲンなどを破壊します。肌のハリ、弾力が失われシミやシワができやすいのはこのためです。

②UVB

本来はオゾン層で吸収されるものですが、環境破壊が進み私たちのところまで届いてしまいます。エネルギーが強く、肌細胞を傷つけるため皮膚ガンなどの原因にも。

③UVC

最も有毒な紫外線とされています。UVBよりも皮膚ガンを発症させる確率が高く、健康に害を及ぼします。UVCもオゾン層の破壊により、年々少しずつではありますが私たちのところまで届き始めています。

★日焼け止めの正しい塗り方

・顔も身体も、適量の日焼け止めを取ったら、手を大きく動かしながら、優しく広げてのばすことがポイントです。

・2、3時間ごとに塗る

・短時間でも油断はNG(人間の肌は「3分以上」紫外線を浴びると確実にダメージが残り、皮膚の老化が進行します。)

〇アフターケア

基本は、「冷やす・保湿・水分補給」です‼

★顔・シミソバカスの予防

日焼けから1〜2日経って肌が落ち着いてからなら、美白ケア効果のあるコスメが効果的。美白美容液やホワイトニングマスクなどを活用しましょう。シートマスクの長時間の使用はシートの乾燥とともに肌の潤いを逆に失ってしまうので、目安として10分程度におさめてください。

また、コットンパックもオススメです。コットンにたっぷりの低刺激化粧水を含ませて肌に乗せます。は日焼けした当日にもできるパック方法です。

〇身体の中からケア

ビタミンは、シミやソバカスの原因になるメラニン色素の合成を抑えてくれる効果があります。

★ビタミンCを多く含む食べ物

トマト・パプリカ・いちご・レモン・グレープフルーツ・キウイ・ブロッコリー・スイカ・ジャガイモなど

※亜鉛などのミネラルも予防には大事な栄養素(ホタテ・牛肉・大豆製品)

★抗酸化成分

紫外線を浴びるこちにより、活性酸素が発生することでメラニン色素が活性化してシミなどの原因になります。この活性酸素を取り除く役割を果たしてくれるのが、抗酸化成分。

★抗酸化成分を多く含む食べ物

ナッツ類・アボカド・ごまなど(ビタミンE)

リコピンもおすすめです!!

ビタミンEの抗酸化作用の数百倍‼と言われています。

リコピンは赤い食品に含まれていて、代表的なのはトマト。そのほかバナナ・人参・アボカド・スイカ・ピンクグレープフルーツ

meilong(メイロン)【公式】鍼灸サロン|東京恵比寿・銀座

東京恵比寿・銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。アロマトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000