恵比寿で人気のMEILONG『晩酌は危険!?』

こんにちは、山添です。

本日はお酒と夜食の関係について書きたいと思います!

晩酌などの習慣がある場合、お酒などのアルコール飲料は、

胃への血流がよくなり、消化酵素が多く分泌され、動きもよくなるために、胃の内容物は腸に流れます。

胃が空になると、当然ながら食欲が増します。

さらにアルコールは、血液中の糖分を減らすインスリンの作用を強めます。

なので血液中の糖分が少なくなります。

つまり、ただ空腹を感じるだけでなく、甘い物や炭水化物を食べたくなってしまうのですun

炭水化物を中心とした夜食を取ってしまうことで、高血糖を起こし、これは糖尿病の危険性につながります。

寝る前の高血糖状態は睡眠中も続いてしまうために、睡眠障害も引き起こします。

私自身もお酒が好きなので、飲んでから寝るとやはり睡眠の質が下がっていると

朝実感します、、、

休肝日を作るように心がけましょう!!

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000