恵比寿で人気のMEILONG 「食後の睡眠は太る?太らない?」

こんにちは!山添です。

食べてすぐ寝ると太るといわれますが、本当のところはどうなんでしょうか。

身体を動かさないと太りそうな気もしますが、食後は休息した方がいいという話もあります。

どうやら「寝る」というのがポイント。横になることは太るどころか、ダイエットにも役立つそうです。

どのようにすれば寝ながら痩せることが出来るのでしょう。

食べてすぐ寝ると牛になるという話

「食べてすぐ寝ると牛になる」ということわざがありますが、食後にすぐ横になるのは行儀が悪いということを教えるための言葉で、

しつけのために使われていたようです。

食べて寝てを繰り返していると確かに太りますよね。だからこのことわざが「太る」という意味だと思っていた人も多いと思います。

でも実は、食べてすぐに寝ることは健康にはいいことなんだそうですよ。

食後にすぐ寝ることは身体にいいのか悪いのか、太るという説もありますが実際のところはどうなのか、消化の仕組みから考えてみましょう。

食べてすぐ寝ることのメリット

食べた後に横になって休むことは逆に身体に良いとされています。

消化を良くするためという医学的根拠があるので、むしろちゃんと休んだ方が身体にはいいようですよ。

食べたものの消化が促進される

食事をすると食べたものを消化するためにおなかに血液が集まります。

お腹がいっぱいになると頭に血液がいかなくなるので眠くなりますよね。

こんなときは身体を動かさずに横になってしっかり休んだ方が消化を促進します。

食べた直後に運動などをすると、血液が胃に集中できないことで消化不良を起こして胃が痛くなったりします。

大事なのは「横になること」

横になって身体を休める、ということは大事なのですが、「横になる」と「眠る」は違います。

特に夕食後にすぐ眠ると肥満の原因になってしまいます。

昼食後でも長時間眠るのはよくありませんが、横になって食休みするのはリラックスも出来ますし、身体にとっていいことなのです。

アドレナリンのダイエット効果

食べてすぐ寝ると、ノルアドレナリンという副腎皮質ホルモンの一種が分泌されるのだそうです。

このノルアドレナリンはイライラやストレスと大きな関わりがありますが、一方ではダイエットの味方。

睡眠中は分泌が低下しますが、日中は意識を覚醒させ、脂肪の代謝を促進してくれます。

では、食べて寝てしまったらノルアドレナリンは出ないと思いますよね?それがちょっと違うんです。

満腹になると頭の血流が悪くなるので眠くなりますが、この状態では仕事も勉強もはかどりません。

日中であっても頭がぼーっとした状態だとノルアドレナリンが分泌されていない状態です。

ランチを食べたら眠気が…という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

だったら少し横になり休養をとって頭をスッキリさせた方が意識がハッキリします。

むしろ15~20分程度の短い睡眠は脳を活性化させてくれます。

脳が活発に動いている状態は、ノルアドレナリンがしっかり分泌されている証拠。

短い時間でも食後に休養をとることで逆にノルアドレナリンの分泌が増えて「痩せ体質」になれる、ということです。

寝てもいいのは日中だけ、20分まで!!

とはいえ、朝昼晩と食後は寝た方がいいのか、というとそうではないようです。

横になって休むことでダイエット効果が得られるのはランチタイムのあと。

夕食後はあまり横にならない方がいいでしょう。

ランチの後少し横になっていいのは朗報ですよね

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京恵比寿・銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。アロマトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000