恵比寿で1位MEILONG美容鍼灸「6月のお灸」

こんにちは! 木川です 

みなさま、元気に楽しいお時間過ごしていらっしゃいますか?

近頃ではいよいよ梅雨の時期に入り、気候や環境の変化からどっと疲れが出る時期ですね...。rain

湿度や気温がぐんぐん高くなり、職場が変わった・異動で人間関係が変わった・新プロジェクトが始まった、子供の入学や新学期など、気候や環境の変化は自律神経やホルモンバランスへ影響を与えてしまいます。

「身体がだるい・やる気が出ない・食欲が出ない・寝付きにくいなどの症状はありませんか? 

ほうっておくと長引いてうつ病っぽくになってしまう場合も...。」

身体の重だるさ

そこでおススメなのが、ご自宅でも出来るお灸によるケアです!!

5~6月は環境の変化によって悩み事が増える傾向にあります。東洋医学では思い悩むと気や血を消耗してしまうと言われていますが、これは消化器系の臓腑である「脾」と「胃」が弱ってしまうことで気や血を十分に作れず足りなくなってしまうからです。

身体にとって気や血は必要不可欠。消化器系を弱らせないよう甘いものや冷たいもの、脂っこいものの食べ過ぎに注意し、下記の「内関」へのお灸でリラックスしましょう。

★ 今月の灸点 「内関」ないかん

6月は「内関」がおすすめです!場所は手首の内側、手のひらと手首の境界線から指3本分の所、太い腱と腱の溝にとります。

この内関は気血の出入りする重要なツボです。さらに精神を安定させる効果があるため、不眠症や不安感、イライラなどにも効果があります。乗り物酔いにも効果があり、昔は「ここに梅干しの種を絆創膏ではっておきなさい!」なんていうおばあちゃんの知恵もあったくらいです。

内関

東洋医学では、四季折々に適した生活を送ることによって健康を保てると言われています。

6月は生活リズムを乱さないよう早寝早起きを心がけて過ごしてくださいね!

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000