東京で人気のMEILONGのブログ「からだ」

こんにちは、猪股です!

皆さんは『おからだにお気をつけて』と文章を打つ時

どの「からだ」の漢字を使えばいいんだろう?と悩んだことはありませんかrabbit?

仕事柄「からだ」という言葉を使う事が多い私はいつも???と悩んでしまいます!笑

「からだ」の漢字といえば「体」が思い浮かびますが、実は他にも「身体」や「躰」などの漢字を使うことがあります。これらの漢字はどのような違いがあるのでしょうか?

今回は、特によく見かける「体」「身体」の違いや使い方と、

「おからだにお気をつけて」は、どの漢字を使うべきかなどを調べてみました。

体 →常用漢字の表記

身体→常用漢字外の表記

「身体」は小説等で使われる際にルビ付きで「からだ」という読み方をする場合もありますが、これは正式な読み方でなく俗的な「当て読み」です。

漢字は基本的に常用漢字を使うのが決まりなので、新聞や雑誌など通常の印刷物においては「体」を使うのが一般的で、通常はこれらの漢字について、特に使い分けを考えずに「体」を使っています。

ただ、常用漢字の決まりというのは絶対的ではなく、使う人の判断に委ねられており、何かを強調したいかで使い分けが行われています。

体 →人間や動物などの生物だけでなく様々な物体の「からだ」を意味します。

また、物理的な意味合いが強く、現実的な「からだ」の存在がある場合に使います。

身体→人間や動物に限定された「からだ」を意味します。

また、「からだ」が現実的な存在でなく医学的、栄養学的な表現で、からだの部位や臓器等を具体的に指す場合に使ったり、「身体がいくつあっても足りない」等のような抽象的な使い方をします。

「おからだにお気をつけて」については、一般的には「お身体にお気をつけて」と書きます。

これは、上記でいうと抽象的な分類によるのですが、ただここで知っておきたいのが、この表現については多くの人が「体」と「身体」を使う相手や場面によって、次のように使い分けているということです。

体 →親しい人にざっくばらんな話をする場面

身体→公的な文章や、改まって丁寧に言う場面

ですから、

親しい相手の場合は「お体を大事にしてください。」

改まる相手の場合は「お身体を大事にしてください。」

という言い方をする人が多いです。

ただ、これは絶対にどちらが正しい、というものではありません。

からだ

いかがでしたか?

お手紙を書く際など是非参考にしてください(b゚v`*)

恵比寿の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京恵比寿の美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 当院の美容鍼灸はその場で効果を実感して頂ける事が多いため、大手女性WebメディアのOZmallで3年連続予約数ランキング1位を取っており たくさんのお客様から支持されております。美容だけではなく、健康のお悩み(肩こり・慢性腰痛・眼精疲労・頭痛・婦人科疾患 等)にも特化しておりますので内から滲み出る美しさをご堪能ください。

0コメント

  • 1000 / 1000