恵比寿・銀座 妊活鍼灸NO.1meilong「血虚(3)」

こんにちは、東洋医学ブログ担当の森田です。

前回までに血虚の症状、原因を色々と説明させていただきました。

今回からは東洋医学の醍醐味とも言える、脈診、舌診、腹診所見を挙げさせていただきます。

まず、血虚は細脈(さいみゃく)になります。

細脈はその名の通り細い脈です。

血虚は血が不足していることですよね。

ということは脈にも血が足りていないのです。

ストローの上の穴から、ちょっとだけ水を流したと考えてください。

十分な水を流せなければ、チョロチョロと流れることになります。

水の流れは細いものになりますよね。

その水の流れをストローの管の上から指で感じ取っている状態と考えてください。

十分な量が流れていれば、細く感じることはないはずですから。

また、血の異常(血虚、瘀血)に関する脈は、渋脈(しゅうみゃく、しょくみゃく)にもなります。

渋脈とは竹をナイフでこそいだ時のように引っかかる感じのする脈と言われています...よくわからないですよね笑

簡単に言うと渋っていて、なめらかでない脈ですね。

慣れてくると段々と感じてくるようになるのですが、最初はなかなか難しいものがあります。

次回は舌所見について説明していきます。

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000