恵比寿・銀座で鍼灸トリートメントNO.1meilong「瘀血(1)」

こんにちは、東洋医学ブログ担当の森田です。
 
前回までに血の異常の一つである血虚を説明させていただいたので、今回からは瘀血(おけつ)を説明させていただきます。
今までの題名も「血の異常」から血虚の回は「血虚」、瘀血に関する回は「瘀血」と全て改めさせていただきました。
 
まずは、血虚と瘀血の違いをおさらいしていきましょう。
血虚は、生体を支える血の量が不足している状態でしたね。
一方、瘀血は、血の流れがスムーズでなく、途中で停滞したり途絶えてしまう状態です。
停滞した血は血の役割を果たさず、かえって有害なものとなります。
血の巡りが停滞してくると様々な異常が体内、体外に現れてきます。
 
次回は瘀血になると現れてくる症状をお伝えしていきますね。

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000