恵比寿・銀座で鍼灸トリートメントNO.1meilong「瘀血(4)」

こんにちは、東洋医学ブログ担当の森田です。
 
本日は瘀血の脈診所見を紹介していきます。
瘀血は渋脈(しゅうみゃく、しょくみゃく)になります。
渋脈は血虚の回でもお伝えしましたが、竹をナイフでこそいだときに引っかかったような感じのする脈です。
要はなめらかでなく、なにか引っかかる感じのする脈のことを指します。
ついでですが、渋脈と相反する脈を滑脈(かつみゃく)といい、こちらは水毒(すいどく)の脈と言われています。
細かく説明するとややこしくなるので、またの機会に説明させていただきます。
次回は瘀血の舌診所見を紹介していきます。

meilong(メイロン)【公式】鍼灸サロン|東京恵比寿・銀座

東京恵比寿・銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。アロマトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000