恵比寿・銀座で鍼灸トリートメントNO.1meilong「瘀血(7)」

こんにちは、東洋医学ブログ担当の森田です。
 
今回は瘀血の腹診所見をご紹介していきます。

今回の内容とは関係のないものまで、たくさん載ってしまっているのですが、向かって左下にある臍傍部圧痛(さいぼうぶあっつう)というものに着目してください。
要はおへその真ん中や脇の部分を押すとゴリゴリとしこりを感じ、痛みが生じます。
その他にも回盲部(小腸と大腸の移行部です)やS上結腸部(大腸)の圧痛、鼠径部の圧痛なども瘀血の腹診所見です。
わかりやすく言うと、左右の下腹や股の付け根などにしこりがあったり圧痛が出たりする、ということです。
 
東洋医学では、このしこりを瘀血塊(おけつかい)や積聚(しゃくじゅ)と読んだりしています。
手や鍼灸を使って、このお腹の塊をとると、体に起きている様々な不調がどこかに消えていってしまうことも、しばしばあります。
まずは瘀血があるのかないのか、ご自分のお腹で確かめてみてください。

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000