恵比寿・銀座で鍼灸トリートメントNO.1meilong「水滞(2)」

こんにちは、東洋医学ブログ担当の森田です。
 
一言で水滞といっても様々なタイプが存在します。
そこで本日は水滞の4つの型を説明していきます。
 
中央の絵は健康な状態です。
水滞は、それぞれの型によって症状が異なっていくので、以下に記していきます。
 
・全身型(左上)
 全身一様に水の停滞したもので、いわゆる水太りの状態。
 全身浮腫、下痢、めまい、夜間頻尿などが現れる。
 
・胸内型(右上)
 呼吸器系に水滞の現れたタイプ。
 水溶性の喀痰や水っぽい鼻汁をだす。
 呼吸困難におちいりやすく、ひどい場合は胸水のみみられることもある。
 喘息によく現れる。
 
・皮膚・関節型(左下)
 顔面や関節などに水が停滞した病型。
 朝のこわばりが特徴的にみられる。
 慢性関節リウマチによく現れる。
 
・心下型(心下型)
 胃から腸にかけて水滞の起こった型。
 胃のあたりを手で軽く叩くと、ポチャポチャと水の音が聞こえることが多い。
 食欲不振、悪心、下痢、手足の冷えがみられる。

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000