恵比寿・銀座で鍼灸トリートメントNO.1meilong「五臓論」

こんにちは、東洋医学ブログ担当の森田です。
 
本日は五臓論についてお話ししていきます。
「気」は、先天の気(この世に生を受けた時に、両親から授けられたもの)と後天の気(飲食物や呼吸によって外界から取り入れるもの)によって成り立っています。
これらの生成には五臓(5つの臓器)が関与しており、それぞれを肝、心、脾、肺、腎と呼びます。
これは西洋医学の解剖用語である臓器の名称と同じなので、よく混乱するのですが、西洋医学の臓器とはだいぶ意味するところが異なります。
東洋医学の五臓とは器官の役割とともに、精神活動をも含めたものを指します。
例えば、腎は先天の気を貯蔵し、発育・生殖を担当し、水分代謝を行なうとともに、恐れの感情を制御するものと考えられています。
脾は食物の消化と吸収によって後天の気を産生するとともに、くよくよと思い悩む感情をコントロールしています。

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京恵比寿・銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。アロマトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000