恵比寿・銀座で鍼灸トリートメントNO.1meilong「六経病」

こんにちは、東洋医学ブログ担当の森田です。
 
本日は 六経病(りっけいびょう)について学んでいきましょう。
漢方の世界では六病位(ろくびょうい)とも呼ばれています。
 
六経病とはその名の通り、病を六つのステージに分けることです。
以下に記載します。
太陽病(たいようびょう)、少陽病(しょうようびょう)、陽明病(ようめいびょう)、太陰病(たいいんびょう)、少陰病(しょういんびょう)、厥陰病(けっちんびょう)
 
基本的には太陽病が一番軽いものとされ、厥陰病が一番重いものとされています。
また、上のステージから順番に下のステージにいくものとされています。
しかし、中には直中(じきちゅう)と呼ばれ、いきなり太陰病や少陰病から始まってしまうものもあります。
次回は六経病を、もう少し細かく説明していきます。

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京恵比寿・銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。アロマトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000