恵比寿で1位MEILONG美容鍼灸「鬱と東洋医学」

こんにちは、中島ですd(●・ω・)b゙

 

東洋医学における心の不調…「精神(神)は心に宿る」

西洋医学では「脳」が精神活動を支配していると説明されますが

東洋医学の考え方では精神を支配するのは「心」です。

こう聞くと驚かれるかもしれませんが、何も東洋医学が「脳」の存在を無視しているというわけではありません。

脳もしっかり臓腑として認識しています。

 

東洋医学では、脳を「元神の府」や「髄の海」と表現します。

元とは首脳の意味で、人体の高級的な中枢神経の機能活動を担い

また髄とは骨髄、脊髄、脳髄があり、これらが集まったものを脳といい

精神活動を管理、統括していると考えます。

 

精神的な問題が「心」と関係のある部位に反応として表れやすいという経験からも

「心と精神」の関係が言われているのかもしれません。

たとえば緊張すると手のひらに汗をかき、心臓がドキドキしますよね。

緊張した時の発汗(精神性発汗)は、心と深い関係があります。

「緊張したら手のひらに「人」という字を書くと落ち着く」というのも実は「心のツボ」への刺激だったりします。

 

心と脳に精神(東洋医学では神ともいいます)があるので

そこへのエネルギー供給がしっかり行われること、しかも良いエネルギーが送られることが心の安定に重要です。

精神的なトラブルがあるとき、単純に心や脳の問題と考えず

陰陽、気血水、五臓六腑などの状態を把握し、さらに食事などの生活習慣、住環境、さらには性格などを踏まえ

診察診断を行わなくてはなりません。その際、鍼灸や漢方だけでなく、生活の改善などへも対応することが肝心です。

 

東洋医学は鍼灸だけを指すのではなく、漢方、薬膳、運動などを含めた総合的なアプローチが重要です。

機能、つまり気の状態を調えるために、栄養状態の改善、そして流れの改善を並行して行い

「いい塩梅である」こそが心身ともに健康だといえます。

meilong(メイロン)【公式】鍼灸サロン|東京恵比寿・銀座

東京恵比寿・銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。アロマトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000