東京恵比寿人気の鍼灸Meilong「夏の食養生の基本」

こんにちは! 木川です 

 

最近は朝晩の冷え込みと、日中の暑さで気温の寒暖差が激しい今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしですか?

 

今回は、今後夏バテしないために梅雨入り前の 夏の食養生の基本 をお伝えしていきますね 

ご参考になれば幸いです!!

 

 

 

 

(1)苦みを摂る

  苦みには余分な熱を取る働きがあります。(ゴーヤ、緑茶、菊花など)

 

(2)淡味を摂る

五味以外に淡味というものがありますが、これは「湿」を取り除いてくれます。

(冬瓜、キュウリ、スイカ、緑豆など)

 

(3)酸味を摂る

「酸甘化陰」といって酸味と甘味をあわせると陰が補われ、渇きが緩和されます。

  また、酸味には収斂作用があり、汗のかき過ぎを防ぐ効果もあります。

  (梅干し、レモン、酢、山査子など)

 

(4)潤肺を心がける

  夏は心陽が高まって熱が生じるので、肺陰が過剰に相克されて消耗しないように

  肺を潤しておくことが必要です。

  (梨、イチジク、ナッツ類、百合根、白キクラゲ、牛乳など)

 

夏、体内では気血の巡りや新陳代謝が活発になります。

夏の暑さを嫌がらずに、日中、特に陽が高くなる前の午前中はしっかりと活動しましょう。

気持ちを外に向けて楽しく過ごすことが大切です。

 

また予防法で分からないことがございましたら、お気軽にご相談くださいね!!

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京恵比寿・銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。アロマトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000