恵比寿で1位MEILONG美容鍼灸「美白ケア」

こんにちは、下地です!!

最近、春らしい暖かい気候になってきましたね

 

これからの季節は薄着の時期!!

その前に美白ケアをしっかりしましょう(*'U`*)

 

ゴシゴシ洗うのはNG!体は優しく泡で包んで

ボディの美白には、皮膚の生まれ変わりをスムーズにすることが大切です。

皮膚の表面には、その奥の真皮にまで雑菌などが入り込まないよう守ったり、水分が逃げ出さないように潤いを保つという役割があります。

必要以上にこすり落とすことは、肌荒れや乾燥の原因になります。

また、摩擦の刺激はメラニン色素の生成を促し、色素沈着、黒ずみの原因にもなります。

かといって、汚れは落として清潔をキープしなければなりません。

〇正しい洗い方

石鹸やボディソープをしっかりときめ細かく泡立てて、全身を優しく泡で包んで洗い流す。

これが、肌に負担をかけない正しい体の洗い方です。

手と体の間に泡のクッションをすべらせるようなイメージで、洗うとよいでしょう。

また、お湯の温度にも気をつけましょう。

温度が高すぎると、必要以上に皮脂を奪われて乾燥を招き、スムーズなターンオーバーに悪影響となります。

お湯の温度は38℃程度が理想です。

〇美白有効成分

トラネキサム酸・ビタミンC誘導体・リノール酸・アルブチン・コウジ酸・プラセンタエキス・エラグ酸 など

高価な、顔用の美容液などを用いることは現実的でありません。

ボディ用の保湿クリームに有効成分が含まれているもので十分です。

あとは、体の中から、そして日焼けの予防の観点から、アプローチしていきましょう。

 

〇知って得するビタミンC!美白に繋がるその力とは?

ビタミンCは、水溶性ビタミンの一つです。肌に良いといわれるその効能は次のようなものがあります。

・コラーゲンを生成する

・メラニン色素の生成を抑える

・免疫力を高める

・細胞の抗酸化作用

 

これらの働きから、ビタミンCが美肌、また美白に欠かせない栄養素であることが分かりますね。

特に、メラニン色素の生成を抑えるという働きは、紫外線に強い肌を作るのに欠かせません。

紫外線は、毎日降り注いでいて、私たちの体はそれにさらされています。特に屋外に出ていなくても、窓から入る紫外線でも肌はそれを感知します。

後で触れる紫外線対策はもちろんですが、体の中から紫外線に強くなることは、美白ボディに必須なのです。

ビタミンCを多く含む食品

みかん・いちご・ブロッコリー・ほうれん草・ピーマン・パプリカ・じゃがいも・さつまいも・緑茶

ビタミンCは熱に弱く、また水溶性の為長時間茹でたりすると失われてしまいます。

生で食べられるフルーツなどは生で摂るのが良いでしょう。また、イモ類はデンプンで栄養素が保護されている為、加熱しても分解されずに摂れるのでお勧めです。

 

白くてすべすべとした肌は、春夏の明るい色合いの服をより美しく見せ、体自体がファッションの一部となりうる最強の武器です。

見えない部分に気を配り、ケアを続けることは隠れた自身にもつながり、魅力をアップさせることでしょう。

是非とも今から、入念なお手入れと予防を取り入れて、そんなボディを手に入れてくださいね!

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000