恵比寿・銀座で鍼灸トリートメントNO.1meilong「太陽病(3)」

こんにちは、東洋医学ブログ担当の森田です。
 
本日は太陽病の舌所見をお伝えします。
太陽病は風邪の初期の状態でしたね。
そうすると舌は以下の画像のようになります。
 
何かおかしいところがわかるでしょうか?
東洋医学では太陽病の舌を淡紅色(たんこうしょく)で薄白苔(はくはくたい)と言います。
淡紅色とは淡いピンク色を意味します。
薄白苔は薄くて白い苔がかかっている状態です。
実は太陽病の舌の状態は、正常の舌の状態となんら変わりがないのが特長なのです。
 
前回述べたように太陽病は病が表(体表部付近)にある状態です。
舌は脈と違って変化がしにくいものとされています。
なので、病が表に入ってきたくらいでは、簡単に変化しないのです。
 
病がもう少し裏(消化管付近)よりに入ってくる状態を半表半裏(はんぴょうはんり)と呼びます。
表と裏の間だから半分表で半分裏、よって半表半裏ということです。
半表半裏に病が入ってくると薄くて白かった苔が厚くなったり、黄色くなったりしていきます。
 
次回は少陽病を説明していきます。

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000