恵比寿・銀座で鍼灸トリートメントNO.1meilong「なぜ鍼灸で血色が変わる?」

土曜日担当の中島です!
 
美容鍼灸をすると、くすみや顔色の改善になります。
でも理由は・・・?
鍼をすると、刺入した周囲がほんのりと赤くなることあります。
これは局所の血液循環が良くなった証拠なんですが
どうして温めてもいないのに赤くなるんでしょう?
これには、『軸索反射』という反応が関係しています。
知覚神経の末端の受容器が鍼で刺激されると
その刺激は脳に向かって伝達されますが
一部は枝分かれ部分から逆行して、鍼の刺入部位周辺にも伝わります。
その神経末端部から『SP』や『CGRP』といった神経伝達物質が出され、付近の血管や白血球などに働き血管が拡張し
周囲の血液循環が盛んに行われ、ほんのりと赤くなるのです( ゚∀゚ )
 
血液の流れが良くなると、肌細胞も栄養されるので
ターンオーバーが円滑に行われ、シワ、シミの改善だけでなく
保湿力の向上やクスミの改善にも効果があります!!
また、表情筋にも作用するので筋肉のポンプ作用が活性化し
リンパの循環もよくなり、クスミ等の原因となる老廃物の除去も行われ、肌の明るさが向上し、化粧のノリのよくなります。
刺入するのはわずか数ミリでも皮膚の中に入る鍼と入らない
マッサージではその効果は大きく異なります。
それが美容鍼の魅力でもあるのです!!
 
by鍼灸臨床論

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000