恵比寿・銀座で鍼灸トリートメントNO.1meilong「オイル」

こんにちは、久しぶりにブログ復活の阿部です。
最近暑くて料理をさぼり気味でしたが、オイルの賞味期限を思い出し料理復活です!
皆さんオイルは何を使っていますか?今たくさんあり過ぎて何となく選んでいませんか??
実は摂取のバランスが大事で
必要摂取量の約40%がオレイン酸(オリーブオイルや菜種油、お肉やナッツなど)
リノール酸はあらゆる油に入っているので、
残りのオメガ3系のα-リノレン酸(えごま油、亜麻仁油、インカインチオイル)をなるべく意識して摂るといいですね。
【オメガ3系の取り方】
代表:えごま油、亜麻仁油、インカインチオイル
1日小さじ1程度でOK
熱にとても弱く、酸化しやすい油なので加熱調理には向いていません
クセがないのでサラダや納豆、食べる直前に入れるのであれば、味噌汁や炒め物などの熱い料理にかけてもOK
鍋に入れると酸化してしまうので注意!!
 
油は健康と美容に欠かせない栄養成分ですが、摂りすぎも禁物。
ざっくりと、どの脂肪酸を食べたかだけを把握し、摂取バランスを考える習慣をつけていくと
自分で食生活を把握でき、何が過剰で何が足りないのかが見えてきます。
ちなみにパンやお肉をよく食べる人が、飽和脂肪酸の多いココナッツオイルがいいと聞いて積極的に摂ってしまうと、過剰摂取になってしまいます。
【用途に合わせて使う】
基本的に使うオイル:クセのない米油やグレープシードオイル、菜種油(キャノーラ)、ノンローストのごま油、使いやすいサラダ油
         オレイン酸が多めのものはオリーブオイル、菜種油、アーモンドオイルやアボカドオイル、ハイオレイックの紅花やひまわり油など
【正しいオイルの保存方法】
熱、光、空気によって酸化します。きちんと密閉して、暗いところで保存し、開封後は2~3ヶ月で使い切ることが大切
特にオメガ3系の油は、開封後は冷蔵して1ヶ月が目安
なかなか使いきれない時は暑い夏にピッタリのマリネを作ってはいかがですか?

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000