恵比寿・銀座で鍼灸トリートメントNO.1meilong「二日酔い」

こんにちは、阿部です。
今日も気持ちのよい天気ですね!
もう12月忘年会シーズンがやってきました。
二日酔いにならないよう気をつけていますか?
二日酔い防止の基本ですがおさらいしましょう。

【飲む前】
お腹に食べ物を入れておく
空腹でいきなりお酒を飲むと、アルコールの吸収スピードが速くなり
一気に血中アルコール濃度が高くなるので分解が追い付かず
二日酔いの原因となります
【飲むとき】
お酒とお酒の間にたっぷりの水を飲む
お酒を飲むとトイレが近くなることからわかるように、アルコールには
利尿作用がありますが、水分を補給することで脱水症状による
頭痛などを和らげる効果もあります
たんぱく質、野菜を中心に食べ、揚げ物は控えめに
たんぱく質はアセトアルデヒドの分解を促し、肝臓の働きを助けるので欠かせず
脂肪分が多いと肝臓に負担をかけアルコール代謝にブレーキをかけるので
低脂肪・高たんぱくのつまみを選びましょう
野菜でビタミンCを摂ることも忘れずに‼
【飲んだ後】
寝る前と起きた後にコップ1杯の水を
寝る前や起きた後に1杯の水を飲むと、頭痛の軽減に役立ちます
水分の吸収を早めるスポーツドリンクもおすすめ
十分な睡眠を取る
睡眠はアセトアルデヒドの分解を助け、アルコールの分解で
疲れた肝臓を回復させます
飲んだ後は十分な睡眠をとることも、二日酔い予防につながります
熱いお風呂に長く入るのはNG、熱めのシャワーを
注)お酒を飲んだ後、アルコール分を外に出そうと熱い湯船に
長くつかるのは逆効果。脱水症状を起こす危険性があります
熱めのシャワーですばやく全身を温め、腎臓の働きを活発にして
アセトアルデヒドの排出を促しましょう
 
二日酔いによく効くツボもあります
【太衝】
足の親指付け根にあるツボ
厳密には親指と人差し指の間の付け根から、足の甲方面に移動した位置
肝臓の働きを高めてアルコールの分解をサポートしてくれる性質がある
二日酔い対策として刺激する場合、右足の太衝だけを刺激すればよく
指圧するか、あるいはボールペン、鉛筆のお尻側で押し込む方法がオススメ
 
施術の際に”二日酔いがひどくて…”と教えて頂ければ頭痛、気怠さ、食欲不振など
お悩み解決できますので、お困りの際は一言お声掛けて下さいね!

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000