恵比寿で1位MEILONG美容鍼灸『代謝アップ』

こんにちは、下地です

本日は、代謝を上げる方法をご紹介します!!

 

体温が1℃上昇すると代謝量が13%上昇する!!

低体温とは?

→体温が36℃未満

体温が低いと消費エネルギーが少なく、代謝が下がって太りやすくなる。

体温を計るといつも35℃台の方、冷え性に悩んでいる方、代謝が落ちていて太りやすくなっている可能性が高い。

・体温を上げて代謝を上げる方法

冷え性改善マッサージ

それでは、体温を上げて代謝を上げる方法についてご紹介します。その方法とは

・冷たい食べ物や飲み物を避ける

・根菜類をたくさん食べる

・白湯を飲む

・お風呂にしっかり浸かる

・スクワットをする

①身体を柔らかくする

体を柔らかくすると代謝が上がる、その最大の理由は「筋肉が柔らかくなる」ところにある。

筋肉内には毛細血管がたくさん張り巡らせれており、筋肉が柔らかくなることで、毛細血管内の血液の流れが良くなる。

血流が良くなれば、血液によって送られる酸素や栄養が体の隅々までしっかり送られるようになり、体が活発になって代謝が上がる。

関節の稼働域が広くなることも、代謝を上げることにつながり

関節の稼働域が広がると、体の可動域も広がり消費エネルギーが増え、活動代謝が上がる。

 

②肺活量を増やす

呼吸をすることで、体に必要な酸素を摂りこみ、血液にのせて全身へ送る働きをしてる。

つまり肺活量が多いと、より多くの酸素を体内に摂り入れることができ、体が活発になって代謝が上がる。

歳を重ねると肺活量が落ちるということは、それと同時に代謝も落ちるということ。なので代謝を挙げるためには、少しでも肺活量が落ちないよう気をつける必要がある。

 

③有酸素運動

代謝を上げる方法として有酸素運動で肺活量を増やす

・ウォーキング・踏み台昇降・スロージョギング

 

④代謝を上げる食べ物

・アーモンド・豆腐・納豆キムチ・アボカド

※注意するポイント

アーモンドを食べるなら1日25粒まで

・納豆は1日1パックまで

・アボカドは1日1個まで

 

⑤代謝を上げる飲み物

・白湯・ココア・ブラックコーヒー・緑茶・ウーロン茶

※注意するポイント

・ココアは無糖のものを選ぶ

・ブラックコーヒーは1日2~3杯まで

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000