恵比寿・銀座でマタニティ鍼灸NO.1meilong「いちご」

こんにちは、石鍋です!

今回はいちごについて書いていきます。


いちごの旬の時期は、よく誤解されがちです。

スーパーでは、だいたい11月頃から一斉に店頭にいちごが並び出します。このため、かなりの人がいちごの季節は冬と思っているようです。

しかしこれは、冬にクリスマスケーキなどで大量のいちごの需用があるため、冬に収穫出来るように育てて出荷されているからで、いちごの本来の旬は、5月頃なのです。

最近ではハウス栽培の技術が高まり、年中いつでも高品質のいちごが手に入るので、ケーキ屋でも年中いちごのショートケーキを買うことができますが、それでもイメージ的にクリスマスシーズンのいちごのイメージは根強くあります。


いちごはこんな方にオススメ

・手軽にエネルギー補給をしたい

・疲労・筋肉痛の回復促進

・身体を若々しく保ちたい

・生活習慣病予防

・ストレスが多いと感じる

・風邪、免疫力低下予防

・便秘、腸内環境の改善

・血行不良、むくみ予防

・妊娠中の栄養補給

・肌のアンチエイジング

・内側からの紫外線対策

・シミ予防・美白サポート

・目の疲労が気になる方

・口内を綺麗に保ちたい


いちごの効果

・美肌効果

いちごに含まれる豊富なビタミンCは、コラーゲンの生成に必要不可欠で肌の潤いや弾力、ハリを保つ効果が期待できます。また、エラグ酸、アントシアニンはシミやそばかすを作るメラニンの生成を抑えます。これらの成分から、白くハリとツヤのある理想の肌へと導く力がいちごにはあります。


・むくみの解消効果

いちごを食べるとむくみを解消することが期待できます。

いちごに含まれているカリウムという栄養成分がむくみを無くしてくれる効果があります。

お肌を綺麗にしてくれるだけではなく、むくみまで解消してくれる美容効果がいちごにはたっぷり入っています。


・風邪予防、疲労回復効果

ビタミンCには、白血球の活動を活発にし、体内に入ったウイルスや細菌を退治する力を高める効果があります。この効果から、免疫力の向上や風邪の予防、疲労回復といったことが期待できます。


・眼精疲労の回復効果

いちごに含まれるポリフェノールの1種、アントシアニンには目の網膜に働きかける効果があります。これにより、視力の低下を防ぎ、目の疲れを和らげてくれます。


・便秘の解消、コレステロール値を下げる効果

ペクチンと呼ばれる食物繊維によって腸内の乳酸菌が増え、胃腸の働きが整うとされています。また、このペクチンには腸内の有害物質を吸着して体外へ排出したり、コレステロールの吸収を抑えたりするので、コレステロール値の低下や便秘解消に役立ちます。


・妊娠をサポートする効果

葉酸とは、赤血球や新しい細胞を作り出すために必要になる物質で、胎児の正常な発育には必要不可欠となっています。レバーやうなぎなどにも多く含まれています。果物の中では、いちごの含有量が特に高く、妊婦さんや産後の女性は積極的に取り入れてはいかがでしょうか。


旬の美味しい食べ方

いちごは生で食べるとビタミンCの効力も損なわず、簡単に食べられます。洗う時は、ヘタはそのまま残し、洗ってから取りましょう。取ってから洗うとそこからビタミンCが流れだし、水っぽくなってしまいます。

食べるときも少しひと工夫をしてみてはいかがでしょうか。

いちごは果実の先から熟しますので、尖った先端の方が糖度が高いです。ヘタを持ってつい先端から食べようとしがちですが、ヘタを取ってヘタ側から口に入れてみましょう。最後に甘さがふんわり広がってより美味しく感じられると思います。

WEB予約


恵比寿院 電話問合せ

tel:0364128890


銀座院 電話問合せ

tel:0362639545

meilong(メイロン)【公式】鍼灸サロン|東京恵比寿・銀座

東京恵比寿・銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。アロマトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000