恵比寿・銀座で鍼灸No1「ニキビにはこの漢方がおススメ。タイプ別処方」

meilong銀座院の内田です。
今日は肌荒れ・にきびに良い漢方を
ご紹介します。
皮膚トラブルは塗り薬だけでは中々改善されません。
東洋医学では、からだのどこかに不調があって、それが肌のトラブルになって現れていると考えます。
にきびや、おできは皮膚が熱をもって炎症したと考え、熱を冷ましていく治療をおこないます。
湿疹や肌荒れは瘀血(血の巡りが悪い)ものと考え血を巡らせる治療をおこないます。



◆赤ら顔でニキビがあるタイプ
清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)
◻︎たいりょくはある
◻︎顔面や頭部に湿疹がある
◻︎鼻が赤い

◆下腹部痛があり、にきびや手足に湿疹があるタイプ
桂枝茯苓丸加薏苡仁
(けいしぶくりょうがんかよくいにん)
◻︎体力は中程度
◻︎のぼせやめまいがある
◻︎足が冷える
◻︎月経不順や月経痛がある

◆皮膚がかさかさして痒みがあるタイプ
温清飲(うんせいいん)
◻︎体力は中程度
◻︎湿疹の熱感は強くない
◻︎のぼせや手足がほてることがある
◻︎月経不順があり、出血量は多め

◆足腰が冷えて皮膚や唇が乾くタイプ
温経湯(うんけいとう)
◻︎体力は低下している
◻︎皮膚に痒みがある
◻︎のぼせや手のほてり、唇の乾燥がある
◻︎月経不順や月経痛がある。

銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000