恵比寿・銀座で鍼灸No1「病気になる前から予防しよう」


meilong銀座院の内田です。
今日は未病(みびょう)についてお話します。
病気は、ある日突然発症するわけではありません。
土にまいた種が芽を出し花を咲かすように、じわじわと成長していくものです。多くの人は体調が悪くなったり、健康診断で異常が発見されたことをきっかけに、はじめて病院へ受診します。
しかし、その時点ではすでに病気が進行している場合もあり、「もっと早くに受診しておけば良かった」と後悔することも少なくありません。
東洋医学でいう「未病」は、文字通り「未だ病気ではない」という意味です。
病気ではないけれど“病気へ向かって進んでいる”、“病気になる危険性が高まっている”という状態だと考えればいいでしょう。土にまかれた種から芽は出たものの、まだどんな花が咲くかわからない段階です。
確かなのは、このまま時間が経てば間違いなく“病気”という花が満開になるということです。
「私は毎年、人間ドックを受けているので大丈夫です」
という人もいるかもしれません。し
かし、現代の医療では、検査結果によって“病気か健康か”という白黒(白黒に傍点)が判定されます。
グレーゾーンとなる未病には、まったく目が向けられていないのです。
だから、限りなく黒に近いグレーであっても、人間ドックでは「異常なし」と判定されることになってしまうのです。グレーは、やがては黒になります。
人間ドックでは異常なしだったのに、数ヶ月後に深刻な病気が発病したという人がいるのは、そういう理由です。未病という考え方を積極的に取り入れ、その時点で進行を防ぐための対策をとれば、病気はもっと少なくなるはずです。

未病のサインを見逃さない
病気にならないためには、未病のサインを見逃さないことがとても大切です。
どこかに不調がある場合、体は必ずサインを出してくれます。
しかし、最初のうちは大きな苦痛をともなうサインではないので、ついつい見逃してしまうのです。
たとえば、このごろ疲れやすいと感じることがあったとします。
それだけのことで病院へ行く人はほとんどいないでしょう。
仮に病院へ行っても、検査で問題が生じなければ、恐らく何の治療も行わないのではないでしょうか。しばらくすると、疲れやすいのが当たり前になります。
感覚がマヒしてしまうのです。体は疲れやすいというサインを出して、“どこかに異常があるよ”と訴えているにもかかわらず、本人はそれをほったらかしにしているわけです。
そのため、病気の芽はどんどんと大きくなってしまい、挙句の果てにひどい苦痛に襲われ、病院へ駆け込む事態に至ってしまうわけです。
ほかにも、体調不良のサインはたくさんあります。眠れない、食欲がない、手足が冷える、めまいがする、頭が痛い、肩や首がひどく凝る、便秘がち、肌が荒れる・・・。
こうしたサインが出ているときには、どこかに異常があるかもしれないと考えて、毎日の生活をチェックをしてみるといいでしょう。
不規則な生活が続いていないだろうか。食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしていないだろうか。
運動不足ではないだろうか……等々。そして、何か不調の原因として思い当たることがあれば改めます。
そうした心がけが、病気から身を守るためにはとても大切なことなのです。
東洋医学では体質を元にダメージを受けやすい臓腑をツボを使って調整していきめす。
日頃の不調を見逃さず、ぜひ鍼灸でご自身の体を労って下さいね。








銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、美容鍼灸だけではなく肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。経オイルヒーラー(オイルマッサージ)や指圧マッサージなどの鍼を使わないトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000