恵比寿・銀座で鍼灸No1「納豆の栄養価と食べ方」

meilong銀座院の内田です。

子供の頃から納豆が大好きすぎて、
未だに毎日食べ続けています。
そんな大好きな納豆ですが、ふつうの納豆とひきわり納豆では栄養価が違うって
知っていましたか?
今日は納豆について調べてみました❣️

引用/https://www.tenpo.biz/tentsu/entry/2019/03/12/100000


納豆の栄養価

引用/https://kumiko-jp.com/archives/83207.html




納豆の歴史
納豆の誕生には諸説ありますが、古くより食べられてきた煮豆が、なんらかの理由で藁と出会い、藁に付着していた納豆菌により大豆が発酵し、納豆に変化したと考えられます。
家庭で納豆が食べられるようになったのは、醤油作りが盛んになった江戸時代。現在同様、納豆に醤油をかけて食べられていたようです。
納豆の食べ方
ナットウキナーゼは熱に弱く、水分が多い状態では高温(50℃以上)になると活性が急激に低下してしまうのです。血液をサラサラにしたり血圧を下げたりという働きをするのは、あくまでも常温で食べた時の話。健康効果を考えて納豆を食べる場合は、加熱調理は控えたほうが良いかもしれません。
ちなみに、アツアツのごはんは50℃もない場合がほとんどなので、納豆ごはんはセーフ! あぁ、よかった......。










銀座の美容鍼灸サロン|meilong(メイロン)

東京恵比寿・銀座の鍼灸、美容鍼灸サロンmeilong(メイロン)のホームページです。 meilongでは、肩こりや腰痛といった症状に加え、内臓疾患や生理痛といった婦人科疾患にも効果的な鍼灸治療を行っています。アロマトリートメントなどのリラックスメニューもご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000